スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹・腰で書く~お筆の会~身体感覚特別講座

1月28日 Umiのいえにて、初めての身体感覚特別講座 「節分を迎えるお筆の会」
講師は松田恵美子先生です。 

まずは手に穴をあけていきます。
気がとおるようにです。
穴の開いた手をみぞおちにかざすと、息がとおっていくのがよくわかります。

そして、座る場所決めをします。
座りたいところに座るのだけど、どこに座るのが心地よいか、どの位置が自分にふさわしいかを、よーくよく感じ取ります。
誰にも空間に発するエネルギーがあり、役割があるのだということが、わかります。
全員がふさわしい位置取りができたとき、とてもとても、静寂な美しい空間で、私は自然と涙があふれてしまいました。

墨をするのは、仙骨を意識します。
筆を持つのは、左手です。
横にひくのも、はらうのも、点を打つのも、すべて、下半身で行います。
腹が決まらないと、書き出せません。
どんどん足首がひきしまっていきます。

最後にみんなで連想合作作品も書上げました。 

手先ではない、頭でもない、たぶん心でもない。

無垢になって書く、胎児のような体験でした。
 

syodu4.jpg

syodu3.jpg

syodou.jpg
スポンサーサイト

美味しいおむすびを作る手を作る~身体感覚特別講座 

2月2日 Umiのいえで、身体感覚特別講座「美味しいおむすびを作る手を作る会」を開催しました。
講師は松田恵美子先生です。


たかがおむすび、されどおむすび。
おむすびは、弱った心と身体に、エネルギーを与えてくれる。

はじめに、何もしないまま、いつもどおり塩おむすびを一つ作る。
次に、手をほぐすワークをいくつかする。そして、もう一つ作る。
それから、もう一つ、手をさらに浄化するワークをする。そして、もう一つ作る。
3つのおむすびを食べ比べたら、まったく味が違うことに、一同びっくり。
一つ目のおむすびが悲しいくらい美味しくないのです。 
結ぶ、にぎって、身体のどこですることなのか。
手先ですることではないことが、よ~くわかりました。 

ワークの中で、参加者同士「誰のおむすびが食べたいか」という投票もしました。

塩も米ものりも同じ。
そこに加わるのは、その人の有り様そのもの。エネルギー、呼吸、重心、思い・・・
美味しくさせるものは、いったいなんなのか、
自分の身体感覚をみつめました。

参加者の方の感想

助産師さん:
「妊娠中の女性のお腹にも、赤ちゃんに触れる手も、こういう手でありたい。
しっかりと包むけど柔らかい手を目指したい」

整体師さん:
こんなに短時間で手が変わるなんて! 施術に活かしたいです。


「手が大きくなった、あたたかくなった」
「自分の身体の鮮度がよみがえった感じ」
「おむすびを作る動作は、いろんなことに通じるのだとわかりました」

などなど、一同うなづきあいました。 

なにより、素晴らしかったのは、参加者全員が前向きに生きている人たちだってこと。
だから、みんなで食べるご飯は格別に美味しかったのです。 


omusubi3.jpg

omusubi2.jpg

omusubi1.jpg

相手の心地よさを考えるマナー 

麻紀子です 

今年の夏から、助産師さんと母子に関わる人のための心を開くマナー講座をはじめました。

講座のはじめに、参加者全員で現場での同僚のマナーと、
妊産婦&家族のマナーの気になるところを、たくさんあげてくれました。
あぜんとすること、多々ありました。 

それから、実技実習プログラム。
マナーって、相手への思いやり。
どうしたら相手が心地いいか、それを軸に動くってことなんだなあと、改めて考えさせられました。 

会話を敬語、尊敬語に直すテストは、自信があったけど、私も含め、けっこうみんな赤がついててびっくり。
思い込みや癖に気づけたのもよかったです。


次回は 10月24日(月)9:00~17:00 Umiのいえにて
助産師さんと母子に関わる人のための心を開くマナー講座 



実は講座中、お茶をお出しするときに、おぼんを持ってて両手がふさがっていて、ちゃっかり扉を足でしめちゃいました。
講師の先生にしっかり目撃され、あはは~~~(汗)。

女を磨かなくちゃ!  







セックスレスのことももっと語らないとね 

麻紀子です 

朝食後のだんらん、夫と、21の息子、19の娘と4人で
NHKアサイチの番組「特集 セックスレス」を見ていました。
いい特集だったな~ 


夫に断られる妻、妻に断られる夫
身体の痛み、こころの痛み、断れない心の苦しみ、カウンセリング、治療法
いろいろでした。 
ちょっとしたパートナーの一言で傷ついて、赦せなくて、そこからセックスレスになっていったりしますね。

私たちができることは、クラニオのお手当て
身体(膣や骨盤底筋)のひずみをゆるませていくことで、痛みの軽減につながったり、潤いを取り戻せたり。
そんなお手伝いをしていきたい。 

そして、やっぱり、傷ついた気持ち、拒絶してしまうこと、欲望が満たされないことなど、
真剣に性と健康について、安心して語り合う場所が必要ですね。 

Umiのいえで、11月14日(月)11:30~Mihoカフェ「エロティックな語り合い」
やりま~す

11月4日19時~ 松田恵美子先生 瞑想の集い 高田馬場

光洋です

11月4日(金)に松田恵美子先生の瞑想の集いを予定しています。身体とエネルギーを知りつくした先生の瞑想ですので浄化力が素晴らしいです。身体とエネルギーの仕組みを体感できるため、とても勉強になりますし、施術ほかに必ず生きてくると思います。

ご都合良い方は是非お勧めですよ

11月4日(金)19:00~22時前まで 高田馬場にて
参加費:5000円(当日集金)
申し込み、お問い合わせ:Umiのいえ umi@umi.lar.jp

<松田先生より> 
背骨にエネルギーを通すことをめざした、インド古典派のヨーガ行法に基礎を置き、アーサナ、呼吸法などを組み入れながら、からだの自然に添って無理なく、瞑想の状態が起こるように構成していきます。
滞りのほどけた体の気持ちよさ、そしてどんな時でも冷静に自分を観察できる「心の眼を養う」センスを、感じていただけたらうれしいです。

Pagination

Utility

プロフィール

saitoseikotuin

Author:saitoseikotuin
斉藤
 整骨院


診療内容・ご予約・アクセスはこちら
横浜市・相鉄線鶴ヶ峰駅より3分



<夫 斉藤光洋> 
整骨・温熱療法と頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)をやっています。赤ちゃんから、幅広い年齢の方にお手当てしています。1968,7,4生 横須賀市出身

<妻 斉藤麻紀子>
「いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場〜Umiのいえ〜代表。特技はファシリテーター。
1968,7,3生 群馬県大泉町出身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。