スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーストラウマとクラニオ

光洋です

今日は、10代のお子さんが診療にいらっしゃいました。
お母さんは、お産のときからずっと気になっていたことを、うちあけてくださいました。
お母さんとお子さん、二人並んでゆっくり休んでいただきました。 


整骨院には、よく赤ちゃんがクラニオセイクラルセラピー(以下クラニオ)を受けにいらっしゃいます。

夜泣き、反り返り、便秘、飲み下手や舌小帯の問題、
吐き癖、低体温、向き癖、体重が増えない等にお困りの方がいらっしゃる事が多いです


どのようなお産でも、お母さんと赤ちゃんはさまざまな困難を乗り越えて生まれてきます。
それらのストレスがバーストラウマともいわれます

バーストラウマは赤ちゃんのからだ、深層心理に深く影響すると言われています。
(お母さんにもですね)

骨格的に赤ちゃんの身体に残ったバーストラウマをクラニオで軽減するお手伝いをすると、
上記のトラブルが改善されることがあります。

また母乳育児はこころとからだのバーストラウマの解消にとても有効だと思います。
クラニオは母乳育児の支援や、母乳育児ができない母子の支援も行うことができます。

カウンセリングも母子共にこころのバーストラウマ解消に非常に有効だと思います。
いろんな素晴らしいカウンセリングがありますが、
Umiのいえではその一つとして「お産の振り返り」の会を麻紀子が行っています

あとは赤ちゃんが日々お母さん、お父さん、ご家族の愛情いっぱいに包まれていれば最高ですね!


バーストラウマそのものを軽減するには、
自然なお産や、優しい病院出産、すこやかな妊婦ライフが大切と言われます。

お産には生と死が同居しますし、本当に厳しいと言われている産科医療の状況の中、
お産に関わる方々はずっと身も心も削る想いで頑張っていらっしゃいます。
本当に有り難く、頭が下がる思いです

産科医療者の方々の負担を減らすには、妊婦さんやこれから妊婦になる可能性のある方の日々のケアが大切です。
現代人は食生活が西洋化、大量消費化したために、体力、生命力が低下傾向にあります。
その結果、妊娠に向けた身体のケアは子供の頃から行う必要性があると思います。

クラニオは日々のケアにも使えるものです
クラニオには多くの手技があり奥深いものですが、
その中には誰でもできる簡単な手技、お手当てもあるんですよ

クラニオをやる方がたくさん増えて、優しい手が広がると、とても嬉しいです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://saitoseikotuin.blog.fc2.com/tb.php/25-4cfab723

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

saitoseikotuin

Author:saitoseikotuin
斉藤
 整骨院


診療内容・ご予約・アクセスはこちら
横浜市・相鉄線鶴ヶ峰駅より3分



<夫 斉藤光洋> 
整骨・温熱療法と頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)をやっています。赤ちゃんから、幅広い年齢の方にお手当てしています。1968,7,4生 横須賀市出身

<妻 斉藤麻紀子>
「いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場〜Umiのいえ〜代表。特技はファシリテーター。
1968,7,3生 群馬県大泉町出身

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。